暇があれば旅行へ行きたい人のブログ・動画紹介

暇があれば旅行へ行きたい人のブログ

タイのタクシーやGrabの乗り方

タイ・バンコクはタクシー天国です。

台数がえげつなく多い。

バンコクの場合は

タクシー天国であると同時にタクシー地獄です。

なぜかというと、ずばり

定額交渉をしてくるから

メーター料金+チップ程度の料金ならば納得ですが、大体3倍程度の交渉を持ち掛けてきます。

まず、バンコクの中で近郊移動する場合はこんなやり取りから始まります。

私「アソークに行きたいんですけど(通常は80バーツぐらいの感じだね)」

タクシー「ん~、渋滞してるからね 200バーツだね」

私「え、じゃあいいです」

タクシー「ちょっとまって、150は?」または交渉無しで打ち切り

正直、めんどくさいです

無職旅さん経験では、大体5台ぐらい交渉して、やっとメーターで行くタクシーに乗れる感じとのこと

特に観光地から乗る場合や雨の時は顕著です

人数4人ぐらいで乗るならば割り勘計算でさっさと乗ってしまっても良いのですが、1人旅行ではその辺シビアです

できるだけメータータクシーに乗りたい

では、どうすればメータータクシーにすんなり乗ることができるのでしょうか

1.ショッピングセンターの乗り場から乗る

これは私の経験則ですが、ショッピングセンターのタクシー乗り場で案内係がいる場合、ほぼメーターで行ってくれます。

プラチナムファッションモールやターミナル21は間違えなくメーターで行ってくれます。係員がいる前で「メーター?」聞いても良いでしょう。

2.Grabでタクシーを呼ぶ

今流行りの配車アプリで車を呼んでしまいます。

タイ・バンコクでは一時期UBERとGrabの2社が展開していましたが、UBERが東南アジアから撤退しGrabが引き継いだため、今はGrabのみとなっています。

慣れればGrab、中でもGrabカーが便利です

タクシーよりもGrabカーが優れている点としては

・乗る前に料金がわかる

・登録してあればクレジットカード決済ができる

・乗る場所、降りる場所をピンポイントで指示できる

・ドライバー・乗客ともに評価システムがあるので、ドライバーが紳士的

・降りた後にスマホでチップを支払うことができる

また、不利な点としては

・車がなかなか来ないことがある

・ドライバーが熟練ではない場合がある

・Grabカーは警察に見つかるとドライバーが罰金を払うらしい

  (一応、違法らしい)

車がなかなか来ないというのは理由がいくつか考えられます。

1.こちらからわからないエリアでの渋滞

2.現在客を乗せている状態で次の依頼を受けた場合

3.ドライバーの操作ミス(間違えてうけた)

4.これは無いと信じたいが、キャンセル狙いの依頼受け

到着まで20分とか出てきてしまうとキャンセルして手配しなおしたりします

現在はキャンセル規定が改定されていて、

1日のうちに5回または7日間のうちに8回キャンセルするとそのあと丸一日ぐらいGrabが使用不可になるそうです

基本Grabアプリは英語かタイ語だけなので、日本人にはちょっと敷居が高いですが、慣れれば平気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA