暇があれば旅行へ行きたい人のブログ

スーツ屋さん訪問

05 気温はiPhoneで33度。

実測で37度(車や人が多いので)。

とても暑い5月のバンコクです。

↑ 現在地 ↑

ターミナル21に到着しスーツ屋さんへ行きます

British Custom Tailors Bangkok
Terminal 21 2F, 88 Soi Sukhumvit 21, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
+66 2 116 2078
https://goo.gl/maps/yfaVB87ZRV2aSoKi7

ラムさんとブラザー、あと若いお兄さん

若いお兄さんもファミリーなのかな

つくといきなり恒例の缶ビールのごちそう。

あんまり強くないのでしんどいときもありますが・・

日本のゴールデンウィーク中は一週間ONLYでめちゃめちゃ忙しかった とのこと

今はそれが終わって暇なのよ なんてお話しをして

早速生地選び

今回の希望は3点

・仕事の時はあんまり着ないきれいなスーツが1着欲しい

・あと、仕事で着るものが1着

・どちらも3ピースにしたい

・予算は2着で20,000バーツ

前回はベスト無しで18,000バーツぐらいのを負けてもらって16,000バーツだったので、

単純にベスト代だけでもオーバーしそうだけど・・

まあ予算は予算ということで

1つはイタリア製の柔らかそうなブラックのオルタネートストライプのもの

なんとsuper180’s

つや感もそこそこでしわ感も良い感じです

もう1つはイギリス製の生地

super表記はないですが、しわ感の明暗の感じが結構良いなぁとおもいました

私はいつもダークグレーかダークネイビー、ブラック系しか買わないので

たまにはこういうのも良いかなとおもい選んでみました

本日が水曜日

金曜日の夕方に仮縫いあわせ(このお店は1回)

月曜日の昼頃にできあがり予定 とのこと

火曜早朝の帰国なのでギリギリです^^;

で、早速価格交渉

ラムさんの電卓の感じを見ていると、おそらく1着15,000バーツの計算

提示は2着で29,000バーツの定価計算

あとはリピーター&前回友人を紹介してくれたので割引

(実際に私の友人は2着買ってくれたのよ!)

24,000バーツ とのこと

残念ながら私の予算は20,000バーツなので、

「1着はもうちょっと安い生地にしようか?」と提案してみました

すると、「じゃ、22,000バーツではどう?」とのファイナルアンサー

それでOKということになりました

その代わりオプションの注文は無料 とのこと

(そもそもどのあたりのオプションが有料なのかしりませんが・・)

付けたオプションは以下の通り

・袖ボタンのステッチをつけて

・ラペルのボタンホールステッチを付けて

袖ボタンホールステッチ 右が袖にステッチあり
日本でスーツを買うと必ずついてるはずのラペルボタンホール(これはステッチのみ)

ま、これだけなんですが ^^:

この両方ともいわなければ無しで出来上がります

なので日本の会社で社章を付けたい方は必ずラペルボタンホールがいります

あとはスーツの丈が短くならないように注文

タイのスーツのトレンドって、短めなんですかね

確かに短めになるとジャケット単体でも使えるし、

前オープンの時かっこが良いんですよね

でも私も良いお年なのでお尻がしっかり隠れる丈で注文しました

スーツオーダー時に一番大事なことはこのスーツはどういうシチュエーションで

使うかを頭に入れておくことです。

外営業ならツーパンツの方が良いし、座りっぱなしならあまりタイトじゃない方が良い

本当は体重・体形の維持が一番大事なんですけどね ^^;

注文を済ませてターミナル21のフードコード

PIER21へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA