暇があれば旅行へ行きたい人のブログ

香港隔離日記 DAY 7-Final (2009/05/08)

バスが出発  しばらく見なかったホテル周辺以外の道路・ビル・風景

一週間ぶりの香港の夜景

こんな美しいところにいたのに・・・
これは誰もが驚くことだったが、本当に外の景色をろくに見ることができなかった
夜窓から顔を出すとカメラで狙われる
そんなことでハイハイーなんて外を見ることができなかった

となりのホテルの屋上からは狙われるし

程なくトンネルへ、すぐに帝京酒店へ到着

居並ぶ報道陣・・・・ やめてよ怖いよ

解放から約1時間で新しいホテルの部屋へ
なかなかの手際のよさだった
部屋はなかなかの広さでツインベットと立派なデスク付き
ウェルカムフルーツがてんこ盛り

でもなぁ・・・刃物がないんだよなぁ
ということで腹ぺこだったのでバナナだけ頂く

帝京酒店はモンコック東駅直結の
まあまあ便利な立地だ

部屋も広く、対応も伝統的な香港ホテルといった感じ
新しいホテルで10時より歓迎レセプション とのこと
私は友人と会うので出席せず

ちょっとだけ行ってみればよかったかな

そんなこんなの大変な7日間でした

帰国の際、何かのチェックがあるかと思いきや、出国はほぼノーチェック
もらった書類の活躍する場所は特になし

「なーんだ 随分早く来たのになぁ」

時間も随分余ったので、出国手続きを済ませて今回初の飲茶を楽しむ
・・・・楽しむっつっても一人飲茶ぐらいなんですけどね

で、めでたくJAL搭乗
JALの搭乗口にいると非常に多くの日本人を見ることが出来る(当たり前ですが)
実は、ここでげんなりすることも非常に多く「こんなとこに帰るのか・・」思うこともしばしば
関空が泉南だから仕方ないか・・・

で、めでたく関空に到着
サーモグラフィ周辺でアンケート用紙に記入し、並ぶ15分のタイムロス日本の面倒くさい部分全開
荷物を受け取り税関へ
職員「今回はどちらまで」
私「香港です」
職員「えーっと、結構長くいらっしゃったんですねぇ」
私「そうですね」
職員「お仕事ですか??」
私「(しつこいなぁ 個人旅行はいっつもこれだ)メトロパークに隔離されたんで一週間延びたんですよ」
・・・ここでしばらく説明・・・
職員「!!!! あ、あそこの そうですか」
私「ええ、ですのでいたくていたわけではないですよ」
職員「でも、ホテル タダなんでしょ?」
税関職員に初めて殺意を覚えた瞬間でした

JALのエンジンにほりこんだろか

地元到着

嫁の車を待つ間、非常に私の興味・・いや本能を刺激する看板

「オリジン弁当 新規オープン」
「唐揚げ半額」

・・・やっぱり日本はいいなぁ

今回の香港が一番みやげ話のネタが多かったことは言うまでもありません(^^)

———————————————————————————-

と、以上でした

隔離中の事、なかなか説明しようにもしにくくて(^^)この日記を書きためるだけ書きためて放置していました 
ま、いろんな感情があった事は確かで
気楽というわけでもないし、恐怖の7日間だったわけでもない
不安ばかりでもなかったが、外国という環境下で
意志が伝わらないという基本的なしんどさ

一つの角度からみて、おもしろおかしく(特に香港のメディアは解放時お祭り騒ぎ) または 悲劇の部分だけをアウトプットするのは簡単ですでもやはり当事者として安易なアウトプットに力を貸す事は本意ではありませんでした
日本のメディアが正確に伝えられなかったことは私たち日本人が協力しなかったから それに尽きます我々のせいなのですま、今となっては関心事ではないので どうでも良いのですが はは (^^)

でも、いい経験をしました
総括して「どうだった?」と聞かれれば 間違いなく私はこう答えると思います
「なんか、楽しかった(^^) 台風の日みたいで」
ちゃんちゃん

早いものであれから10年が経ちました(2019年現在)

連休中 自身4回目の香港ということで慣れてきた矢先の出来事

行く前に心配はしてたんですよ

バンバン報道でやってましたからね

「死者が出てる」ってこともあって行くのがこわいなぁーなんて
思ったりもしましたが、せっかくゲットしたGW中のマイルチケット
行かない手はありません

その後、お世話になった領事館の方と何度かお食事に行ったり
香港で活躍する日本人タレントさんとも連絡できたりと
いろいろ楽しいことがありました

最近はみなさんお忙しいみたいで声を掛けることも遠慮しがちになりましたが ^^;

当時は香港に行き初めて必死でしたが、今ではもう「楽勝」です

逆に言うと「香港LOVE」ってことはもうなくなっちゃったかもしれません

ま、それはそれでよしとして・・

「中国本土で隔離」じゃなくてよかったなぁと最近つくづく思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA